HOME > リンホフ

日本リンホフクラブはドイツ・ミュンヘンで120年以上の歴史と伝統を誇る大判カメラメーカー「リンホフ社」公認のもとに、日本のリンホフカメラユーザーで構成される写真愛好クラブです。会員相互の親睦と撮影技術の向上、並びに銀塩写真フィルム文化の発展と継承を目的に発足しました。会報の発行、プロ写真家を招いての作品講評会や各種撮影会、勉強会等も開催されます。また会員作品の発表の場としてホームページギャラリー展開等もあります。ワイズクリエイトでは同クラブの事務局を運営しています。


ヘンリー ブローカー
執行取締役顧問(前社長)
LINHOF精密システム技術会社
ミュンヘン

おめでとうございます!
日本リンホフクラブ会員の皆様へ。

まずこのたび日本リンホフクラブを立ち上げた木戸嘉一さんのイニシアチブに敬意を表します。本クラブのメンバーは、誰しも本当にLINHOFカメラを愛する人達であり、LINHOF社としてもこの新しい試みをスタートさせる事に心よりお祝いの言葉を述べたいと思います。
LINHOFカメラを使って色々なジャンルの写真を撮るには、皆さん方が持っておられる知識や技術が素晴らしい結果をもたらす事は間違いありません。
ノウハウや経験が豊富なメンバー同士のたゆまない交流が、LINHOF大判カメラの類いまれなる能力を十分に引き出すことに役立つでしょう。それが、風景、建築、静物、インドアやアウトドアなどあらゆる分野での創作活動を可能とさせ、写真作家として成長していくことに役立つはずです。
1887年以来LINHOFカメラは、写真の世界における生涯の投資であり続けています。
LINHOF社は、これからもずっと皆様に伝統的なアナログ写真は勿論のことデジタルの分野でも新たな改良や発展があれば情報を提供して参ります。
最後にLINHOF社経営陣として貴日本リンホフクラブの輝かしい将来を祈念しております。

Congratulations!
Dear members of the new Japan Linhof Club.
Thanks to the initiative of the honourable Mr. Yoshikazu Kido you have founded a new Japanese Linhof Club whose members are true Linhof camera lovers and we at Linhof would like to congratulate you on starting this new venture.
Using your skills, expertise and knowledge to realize applied photography by using Linhof equipment will surely produce excellent results. The continual exchange of views and experiences amongst the members will enable you to help each other fully utilize the superb technical abilities and features of Linhof large format cameras in all arenas such as landscape, indoor and outdoor architectural photography, table tops or other tasks and help you all to develop as photographers.
Since 1887 Linhof cameras have been a lifetime investment in photographic excellence and we shall keep you informed of any improvements and new developments in classic analogue or digital imaging as they are implemented.
The management of the Linhof company in Munich/Germany wishes you all the best for the future of your club.
Kind regards
Henry Broeker
Former CEO, now Consultant
Linhof Präzisions-Systemtechnik GmbH
München























※ブログ「大判カメラ日記」は 7年目に
突入しましたが連続で毎日更新しています。
是非、ご覧ください。