《PENTAX645D用》は大判カメラのバック部(国際規格)に装着し、これにより話題の4000万画素デジタルカメラ・PENTAX645Dカメラボデイを大判カメラに取付可能とする製品で、PENTAX645Dで大判カメラのアオリ撮影機構等をそのまま活用できます。また同一被写体を数カット分割撮影し画像ソフト等でステッチングする事により4000万画素の2~4倍の8000~1億6000万画素相当の写真を完成させる事もできます。


ワイズ45デジタルカメラアダプター
《PENTAX645D用》



PENTAX645Dに装着

パンフォーカス写真

(1)のパンフォーカス写真は商品写真、風景写真等どの分野でも使用頻度の高いアオリです。基本的には近景、中景、遠景全てにピントを合わせるアオリなのです。被写体に積み木とトランプを用意しました。写真(1)(2)の左側は被写体の一番手前にピントを合わせF16でアオリを使わずに撮影。次にフロントのチルトアオリをゆっくりかけて行く(徐々にレンズを下に傾ける)と(1)(2)写真の右側の様な写真が撮影できました。同じ絞り、光源等で撮影しても右側写真は積み木、トランプの一番奥までピントが確認できます。この応用で料理撮影で手前のお皿から一番奥のワインボトルまでピントのあった写真が完成し、風景撮影では手前の花から中景の木々、遠景の山までパンフォーカスになった写真が完成します。


3つの撮影を可能にする

ワイズ45デジタルカメラアダプター《PENTAX645D用》の3項目の撮影テストを行いました。それは(1)チルトアオリによるパンフォーカス写真。(2)バックアオリによる形の修正写真。(3)同一被写体を左右2カット撮影してパソコンでステッチングになります。

形の修正写真

用意した被写体は長方形の黄色い箱。カメラの位置を上にすればする程、形の修正アオリに必要なバックチルト量が大きくなり、必ずケラレる事が予想されるので被写体より角度を付けずにセッティング。何故ケラレが予想されるかは、通常の4x5カメラはバックチルトする面がそのままピントガラス面でありフイルム面なのでせいぜい蛇腹のケラレ等を心配すれば良いのですが、今回は4x5カメラのバック部に646Dカメラを装着するのでピント面より更に646Dのフランジバック71ミリが必要となり、ピント面を軸として回転するチルトアオリを使用すると646DのCCD面は、その後方で更に大きく振られてしまう事になります。写真③左がアオリ無しで箱を撮影。じっくり見ると箱の下部に比べ上部が若干大きくまた箱が前に倒れている様にも見えます。写真③右が646Dの装着された後部を垂直に近くなるまで立て、更にピント面を調整するためにレンズ面も垂直に立てて撮影した写真。頭でっかちな箱の形や前に倒れた感じが無くなりアオリ写真としては完成されたものになっています。ただし写真上部が646Dマウントにより見事にケラレています。これは構造上の問題なので、この位のアングルで撮影し上部をトリミングすれば解決します。写真④はケラレは前者より少ないが被写体の積み木ケースを画面ギリギリで撮影してしまったのでこのままのトリミングでは写真としては使えなくなってしまいます。被写体を若干小さめに撮影し、ケラレを予想して上部のスペースを空けておく必要があります。この事さえ理解すれば大判カメラで撮影した完全なる修正アオリは無理としても、かなりハイレベルな撮影は出来ると思います。写真⑤は東大構内で撮った東大マークの入った消火栓。形の修正アオリを調味料的にほんの少し使用して撮影。こんな感じで如何でしょうか?





8000万画素のステッチング写真

被写体のリンホフの配置と構図を決め2分割するイメージを作ります。646Dを縦位置にセットし構図の真ん中に構える。もちろんこれではリンホフもレンズも半分ずつの中途半端な写真です。そこでビューカメラのバックシフトを操作し、写真⑥⑦の様に左半分、右半分ずつ2カットを撮影。その後、フォトショップなどの写真加工ソフトで左右2枚の写真を上手に繋ぎ合わせて写真⑧の様に1枚に仕上げます。如何ですか?これで左右2枚の写真が簡単に1枚の写真になりました。ペンタックス646Dは4000万画素のデジタルカメラですから、これで約8000万画素の作品となりました。因みのこのステッチングした作品1枚のファイルサイズは448MBでした。また4分割した構図で4カット撮影しステッチングすれば約1億6千万画素(重なる部分含めず)の写真が撮れてしまいます。ハイエンドのデジタルカメラ(バック)と大判カメラのコラボレーションでとんでもない世界が広がるかも知れませんね。

ワイズ45デジタルカメラアダプター
《PENTAX645D用仕様

【型式】 
 国際規格4×5インチ判バック部取付
ペンタックス645Dカメラアダプター
【種類】
 ペンタックス645D用
【外形寸法】
 160mm(幅)×120mm(高さ)×23mm(奥行)
【重量】
 360g
【材質】
 アルミ材
【使用可能大判レンズ(例)】
リンホフ3000カメラでのアオリ撮影可能レンズ、180mm以上。
リンホフ3000カメラでのアオリ撮影可能レンズ、180mm以上。
4x5ビューカメラ+ワイドベローズでのアオリ撮影可能レンズ、150mm以上。
※ワイズ45デジタルカメラAD《ニコン用》
 ワイズ45デジタルカメラAD《キャノン用》
 も販売しています。

ワイズ45デジタルカメラアダプター
《PENTAX645D用》販売価格
45,000円(税別)47,250円(税込)
























※ブログ「大判カメラ日記」は 7年目に
突入しましたが連続で毎日更新しています。
是非、ご覧ください。