ワイズクリエイトは写真を通じて人と人、人と自然との コミュニケーションを確立する事を目的とするフォトオフィスです。
 1999年に東京・中央区で創業し2003年10月よりオフィス並びに大中判カメラ専門ショップを文京区本郷3丁目に移転。自然写真家、山岳写真家による写真セミナー、撮影会の開催、 写真集の出版、写真レンタル、各種制作業務等もよりパワーアップし、写真に関するソフトとハードあらゆる業務を行います。
 またワイズ大中判写真の会、マミヤカメラクラブ等の運営や商品、建築、ポートレート撮影など全ての分野での撮影業務も受け付けています。

《トピックス》

「大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る」
この度ワイズクリエイトでは10月1日に新刊書籍「大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る」を出版致しました。
ワイズクリエイト、Amazon等でお求め下さい。

■書籍名 大判カメラと中判ミラーレスデジタルで撮る
■発行日 2017年10月1日      
■著 者 木戸 嘉一      
■編 集 木戸 嘉一      
■判 型 A4判 42ページ      
■定 価 1500円+税      
■発 行 株式会社ワイズクリエイト     
■ISBN 9784990397227


ワイズクリエイトでは富士フイルム社が開催中の30000~50000円のキャッシュバックキャンペーンに合わせて「GFX 50S」「GF LENS」「X-H1」のスペシャル販売をスタートしました。詳しくはお問い合わせ下さい。






【巣鴨界隈撮影会】
「巣鴨」と聞くと何をイメージしますか?一番多いのが「おばあちゃんの原宿」「とげぬき地蔵」ではないでしょうか?確かにJR巣鴨駅すぐの旧中山道(巣鴨地蔵通り)には沢山のお年寄りが集まっています。ところで江戸の出入口6箇所に地蔵菩薩坐像を造立して病気平癒を祈願した江戸六地蔵のひとつが地蔵通り入口直ぐの真性寺であることをご存知ですか?「とげぬき地蔵」で有名な高岩寺は明治になり下谷から移転して来たので、江戸時代の巣鴨のお地蔵さんと言えば真性寺のことだったのです。そんな真性寺〜高岩寺を撮影し商店街で塩大福を口に含み、健康増進の「赤パン」を垣間見て、染井霊園に向かう今回のコースにはいろいろなお寺が在って、そこに眠る方々が興味深いのでした。例えば時代劇で有名な「名奉行 東山金四郎のお墓」や「剣豪 千葉周作のお墓」、更には四谷怪談の「お岩様のお墓」まであります。因みにこれらのお墓の前で両の手を合わせる事はもちろんですが、ここでもうひとひねりするのです。東山金四郎さんだと「北町奉行所」が頭に浮かびますよね・・・北町奉行所の在った場所は東京駅八重洲北口で「よし行ってみようか!」となるのです。因みに北辰一刀流の創始者である千葉周作の道場は神田於玉ヶ池で千代田区岩本町に在った池の辺り。お岩様は・・・お岩様は夫に殺され幽霊になって復讐する話ですが、江戸時代の雑司ヶ谷四谷町(現・豊島区雑司が谷)が舞台となっているそうです。要するにひとつのモノを見て、次に関連する場所に興味を持ち実際に行ってみると言う事ですね。町歩きって楽しいですよね。是非ご参加下さい。
■開催日 9月29日(土)12時30分〜
■撮影地 「巣鴨界隈」
■集 合 JR巣鴨駅 北口前
■案 内 木戸嘉一(ワイズクリエイト)
■参加費 1000円(オリジナル地図付き)
■申 込 事前に参加お申込み下さい。
■備 考 歩き易い服装でご参加下さい。

ワイズクリエイトの営業時間は平日10時〜19時。土日曜・祭日は休業となります。ただし土曜日でも撮影会・勉強会等のイベント開催で営業する場合があります。ご来店の場合は事前にご確認下さい。
























※ブログ「大判カメラ日記」は 8年目に
突入しましたが連続で毎日更新しています。
是非、ご覧ください。

ワイズクリエイトは
フェイスブックに参加しています。